外壁塗装をお考えの方にピッタリの知りたい情報

コスパを考えた選び方の秘訣
意外と知らないメリット・デメリット
絶対気になる価格と内訳

No1.

外壁の美しさは
永遠に保てない!?

外壁は、経年と共にどんどん劣化していきます。その劣化によって、外壁や家屋にどんどん悪影響が及んでしまいます。しかし定期的に外壁塗装を行なえば、外壁が本来持つ効果や働きを十分に引き出す事ができ、家屋も常に良い状態に保つことができます。外壁塗装の原因やそこから生まれる症状、そして依頼する塗装会社に関するノウハウを学びましょう。

外壁の平均寿命

悩む男性

そもそも外壁の寿命はどのくらいなのでしょうか。一般的に、家を建築してから10年くらいが外壁の塗り替え時だと言われています。ただこれは、あくまで雨やカビなどの自然現象のみ受けた場合に言えることです。ちょっとした何かしらのアクシデントで外壁にヒビが入ったり破損したりすることもあれば、立地条件によってはコケやカビなどが生えてくることもあります。「平均寿命は10年くらいと言われているけど、何かあったらすぐ塗り替えを検討しよう

一般的な住宅外壁の塗装周期の相場

外壁塗装は、どのくらいの周期で行なえばよいのでしょうか。実は、周期の目安は外壁の種類や塗料に使われている塗装材の種類によって大きく異なります。
現在国内の一戸建て住宅の外壁に使われているのは、「モルタル」と呼ばれる素材と「サイディング」と呼ばれる2タイプの素材です。モルタルもサイディングも、10年前後ごとに塗装するのが良いとされています。5年ごとに定期点検を依頼しておけば、なお良いです。ちなみにサイディングは25年前後で交換したほうが良いとされています。

壁の種類

外壁塗装を行なうベストなタイミングのポイントを紹介~

そして塗装材の種類ですが、フッ素系塗料は15~20年前後、アクリル系塗料は5~8年前後といったように、種類によって平均耐用年数が違ってきます。
そのため、「前回塗装してもらってから6年しか経ってないから大丈夫」と楽観視せず、外壁に使われている塗装材の種類を把握した上で点検、塗装のタイミングを図るようにしましょう。

No2.

劣化してしまった外壁の危険性

外壁の劣化による影響って……?!

外壁の役目は、家の外観や犯罪防止だけではありません。外気や雨、風、埃、紫外線など、様々な自然現象を防いでくれているのです。では、もし外壁が劣化してしまうとどのような影響が及ぶのでしょうか。

外壁は長い年月と共にどんどん耐久性が落ちていってしまいます。耐久性が落ちると、ヒビ割れや防水効果の低下による雨漏りなどが起こり、これらの事象から外壁内部の劣化へと派生することもあります。
外壁内部の劣化は、外壁がヒビ割れた後、その隙間に湿気や雨水が侵入したことで発生します。外壁の内部に湿気や水分が入ると、外壁の内部が傷んだり腐ったりし、最終的には外壁が崩壊する恐れすら考えられるのです。

No3.

外壁の具体的な劣化症状

外壁は毎日さまざまな自然現象による影響を受け続けています。
ここでは、その影響から来る外壁の劣化症状をいくつか紹介します。

白色の壁

チョーキング現象

チョーキング現象は、数ある外壁の劣化症状の中でもとりわけ代表的な症状と言えます。ある時期から、外壁を手でこすると手に灰色の粉が付着するようになります。紫外線や水による影響で外壁の顔料が劣化したことが原因でそのような状態になっているのです。この現象のことを「チョーキング現象」もしくは「白亜化」と言います。

汚れた壁

カビの発生

カビは日光が当たらない場所に発生するという特徴を持っています。また、植物が持っているカビ胞子が外壁に付着することでも発生します。そのため、周辺に植物が生えている箇所はカビが発生しやすい、ということを覚えておきましょう。ちなみに、「リシン吹付け」という外壁仕上げ法を施した外壁はカビが発生しやすいと言われています。リシン吹き付けを施した状態のようなザラザラした外壁は、カビが発生しやすい傾向にあるようです。

ヒビの入った壁

ヒビ割れ

ヒビ割れは、築年数が長い家の外壁によく見られる劣化症状です。実はヒビ割れには、「小さなヒビ割れ」と「大きなヒビ割れ」の2つの種類があります。 小さなヒビ割れの主な原因は、ずばり塗装膜の硬化によるものです。塗装膜の硬化は経年によって発生します。大きなヒビ割れは、塗装膜の下地に使われている素材が割れたことによって発生します。下地素材からヒビ割れていると、雨水が侵入してくる可能性大です。基本的にどちらも経年によって発生する劣化症状です。特に大きなヒビ割れは内部劣化の原因にもなり得るので、早めの対処が必要となります。

No4.

外壁塗装のタイミング

外壁に以下の症状が現れたら、塗り替えを検討しましょう。長期間放置しておくと、外壁だけでなく家屋そのものに被害が及ぶ危険性もあります。

住宅の模型

ヒビ割れやチョーキング現象が見られたら、早急に外壁塗装を行ないましょう。どちらも外壁が持つ防水効果を失わせる症状なので、長期間この状態が続くと内部
劣化や雨漏りなどが起きる可能性もあります。判断が付きにくいという方
は、とりあえず業者の方に来てもらい調査してもらいましょう。

  • 塗装の剥がれが見られる
  • カビや藻が発生している
  • 腐食している箇所がある
  • ヒビ割れが発生している
  • チョーキング現象が発生している