外壁塗装を考えの方にピッタリの知りたい情報

コスパを考えた選び方の秘訣
意外と知らないメリット・デメリット
絶対気になる価格と内訳

No1.

やっぱり気になるそのお値段

外壁塗装にかかる費用相場を知る

外壁塗装には、結構な額の費用がかかります。家の築年数や大きさ、外壁周囲の環境、塗料の種類などによって大きく変わります。また、依頼する会社によっても変わってきます。平均額として50~100万円と見積もっておくとよいでしょう。「築年数20年・高価な塗料使用」みたいなケースであれば、150万円近くの費用がかかることもあります。

見積もりの内訳は、大まかに以下の4つの費用に分けられます。

グラフ
貯金箱と計算機

工事費用は、文字通り工事する際に使用する道具や材料の費用が含まれます。運搬費もこれに含まれる形になります。工事費用を確認する上で特に注視しないといけないのは、使用している塗料の種類とその価格です。比較的高価であるフッ素系塗料や光触媒塗料は、アクリル系塗料やウレタン系塗料に比べ30万円以上の価格差があります。安さを求めるのであれば、工事費用の内容、特に使用している塗料の種類をしっかり確認しておきましょう。

人件費は塗装に携わる職人に当てる費用となります。もちろん人数が多ければ多いほど費用の額も大きくなります。営業経費は、現場経費と一般経費の2種類の経費の合計となります。現場経費は交通費、通信費、保険料。そして一般経費は営業利益や管理費などが含まれます。

架設費用は、養生シート代、そして足場代にかかる費用が含まれています。足場代は外壁の周囲の環境によっては高くなることもあります。また、仮設トイレを作った場合もその分の費用が架設費用に含まれます。

No2.

塗装会社に安く依頼するためのポイント

女の人

外壁塗装の依頼先を決める際、1つの便利なサイトを利用するだけで自分の希望条件や予算に合った最良の会社を見つけることができます。この1つの便利なサイトとは、今インターネット上のあらゆるところで見かける「一括見積もりサイト」です。
一括見積もりサイトを利用することで、全国に何百とある塗装会社を複数ピックアップし、その会社に一括で見積もりを出してもらうことができるのです。地元の業者だけを指定することも可能なので、依頼する可能性の無い会社が出てくるようなことは一切ありません。

見積もりを依頼する理由

なぜ、一括見積もりサイトがこのようなサービスを行なえるのかと言うと、ズバリ依頼者と塗装会社の中間に位置する会社だからです。ある種の仲介役と言ってよいでしょう。ちなみに、一括見積もりサイトを利用することで以下のようなメリットも得られます。

No3.

これいる?いらない?実は必要の無い工事

ヒビ割れ、雨漏り、カビの発生など、外壁塗装を行なう動機は人それぞれです。塗装を依頼する際は、「どのような塗装工事を施して欲しいか」という部分を明確化しておきましょう。そうでなければ、会社によっては見積もり時にいろいろな工事を付け足してしまう可能性があるからです。
工事を依頼する際、または担当スタッフと見積もり内容を確認する際は、「この工事は必要なのかな?」という疑問を持つようにしましょう。費用を大きく抑えることができ、依頼先の会社が親身で実直な対応をしているかどうかの判断材料にもなります。

必要な工事と不要な工事

自分でこのような簡単な表を作り、必要な工事と不必要もしくは検討中の工事を分けて考えましょう。外壁塗装における工事の中には、「これとこれは一緒にやった方がよい」「この部分は数年に一度工事した方がよい」といったものもあります。外壁の状態把握は素人にとって簡単なことではないので、なるべくプロの専門スタッフと一緒に確認するようにしましょう。その際、その工事にはどのくらいの費用が発生するのかという部分も確認し、他社との比較材料の1つとするとよいでしょう。

No4.

値段だけに惑わされるな!

一部ではありますが、外壁塗装の専門会社の中にはタチの悪い会社が存在します。悪徳会社と聞くと「法外な料金を請求する」「必要の無い工事を高い費用をかけて行なおうとする」というイメージを持ちがちですが、これら以外の悪行を仕掛けることもあります。

驚くくらいの低価格での工事を持ちかけたり、また一部の工程を抜かしたりすることがあるのです。

高い塗料をたくさん使うと言っておきながら、実際一部の箇所にしかその塗料を使わない。そこ以外の部分は安めの塗料を使う。

外壁塗装の基本である「三度塗り」を守らず、「二度塗り」を行なう。